SNSソーシャルネットワーキングサービスを安全に利用するための基礎知識を解説!

>

SNSに存在する悪意あるサイトや人間を避ける方法

SNS上の怪しい情報やリンクには注意!

SNSの利用で、個人情報の漏洩や不用意な発言には注意していても、ネット上の悪意ある人間まで消し去ることはできません。

ネット上での個人情報収集や詐欺の手口にも色々あります。
例えばアカウントの本人確認を徹底しないSNSでは、何者かが実在する人物や団体を称する偽アカウントを作成し、関わった人を欺くという例があります。
アカウントの相手が本物であるか確認できない限り、安易な接触は避けるべきです。

またSNSによってはリンク先の文字数を減少させる短縮URLの機能もありますが、元のURLがわからないことを利用して偽サイトに誘導し、フィッシング詐欺を行うケースもあります。
SNSのアプリには便利なものもありますが、中には利用者のメールアドレスを取得し、迷惑メールを送りつける目的のものもあります。
不審なサイトや製作者がはっきりしないアプリは利用しないようにしましょう。

SNSで知り合った人と実際に会うときは

SNSで知り合った相手と、ネットを介して親しく話しているうち、実際に会うという話になることも多々あります。
もちろんその結果、より親しい友人になったり、独身男女であれば結婚に至るなど幸福なケースもあります。

一方、相手が実は悪い人間で、犯罪に巻きこまれるといった最悪のケースもあり得ます。
SNSで知り合った人と実際に会う場合は、ある程度、長い交流があって一定の信頼がおける相手に限りましょう。
知り合ったばかりですぐ会いたいという人には注意が必要です。

最初に会う際は、自分の知人を交えた複数人で会うようにすべきです。
二人きりで会う場合は、個室や人気のない場所に行くことは避けるよう用心しましょう。

また最初は実際に会っても自分の個人情報は明かさないようにすべきです。
相手が自分についての情報を話しても、鵜呑みにしないほうがいいでしょう。